100円の自転車カバーをロードバイクに使ってみた!メリット・デメリットを紹介

ダイソーの自転車カバー
ロードバイクを買ったはいいものの、家の中に置くスペースがないことに気づきました。
で、外に置くことになったんですが、となると必要になるのが自転車カバーです。
雨ざらしだと錆びやすくなりますし、新しいロードバイクなので汚れないようにしたいので、やっぱりカバーは必要です。

ちゃんとしたロードバイクの外置き用のカバーもあるんですが、とりあえず百均の自転車カバーで様子を見てみることに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ダイソーの自転車カバー

買ったのはダイソーの自転車カバーです。
ロードバイク用のカバーはなかったので、普通の軽快車(ママチャリ)用のものを買いました。

商品説明-ダイソー自転車カバー

値段

100円でした(税込108円)。
最近は、ダイソーでも200円とか300円の商品もあるので「どうかな?」と思いましたが、100円で買えました。

メリット

結ぶ紐がある

ダイソーの自転車カバーは下で結ぶ紐が付いてます。
おかげで風でめくれ上がるのを防ぐことができます。
結び紐-ダイソー自転車カバー

タイヤの下まですっぽり覆える

縦の長さが100cmほどあるので、ロードバイクをすっぽり覆うことができました。
ママチャリだと少しタイヤがはみ出るようですが、車高の低いロードバイクならタイヤの下までカバーが届きます。
上記の紐を結び、タイヤでカバーを踏むように置けば、風でめくれる確率はかなり低くなります。
全体-ダイソー自転車カバー

水を弾く

生地自体に撥水加工はされていないようですが、ある程度は水を弾いてくれます。
雨が降った日の翌日見てみると、水滴がたまってました。
防水-ダイソー自転車カバー

デメリット

生地が薄い

100円なので仕方ないですが、生地がけっこう薄めです。
お店で商品を持ったときは厚い感じでしたが、広げてみるとやっぱり薄い。

使用して約1ヶ月、洗濯バサミで留めている部分もあるんですが、そこは小さい穴が開き始めています。
長く使うのは難しそうですね。

ただ100円なので、これをもう1枚買って2重にしてみるつもりです。
薄いおかげでホッチキスでも留めやすそうなので、2重にしやすいと思います。

まとめ

生地が薄いので耐久性の心配はありますが、これが100円ならコスパはいいです。
紐付きで風対策もできますし、ある程度防水効果もあります。
2枚買っても200円なので、当面の間はこれを2重にして使うつもりです。

買ったロードバイクのレビューはこちらで紹介しています。

【レビュー】買ってわかったロードバイク「DuX(デュークス)RB101H」のメリット・デメリット
しまなみ海道で乗るためにロードバイクを買ってみました。 ロードバイクはまったくの初心者なので、エントリーモデルで安い商品を探しまし...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)