【覚え方】Amazonで自在に割引商品を検索する魔法の文字列!除外検索のやり方も

Amazonの割引検索
「Amazonで安くなっている商品を探したい!」
今回紹介するのは、そんなときに使える節約術です。

Amazonではセールで安くなっている商品もあったりしますが、これがなかなか気づかないんですよね。
しかしそんな時でも、安い商品を検索する方法があるんです。
ここではそのやり方と覚え方、除外検索などAmazonで便利な検索方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

&pct-off=90-で検索!

この文字列を付けて検索するだけで、割引されている商品を抽出することができます。

【90%オフ以上の商品を探す方法】
まず、カテゴリー検索か商品検索をして、見たい商品のページに行く

検索結果ページのURLの末尾に&pct-off=90-を付け加えて移動(Enterを押す)

90%オフ以上の商品の検索結果が表示される!

たとえば、90%オフのパソコンを探す場合。

パソコンで検索します。
Amazon除外検索結果

検索結果ページのURLに『&pct-off=90-』をつけて移動。
Amazon割引商品検索

90%OFF以上のパソコンカテゴリーの商品が出てきました!
Amazonの割引商品を検索

&pct-off=90-の数字は例として90にしましたが、自由に変えられます。
例えば、50%オフ以上の商品を探したい場合は、90を50にすればOKです。
90%オフなら相当安い商品が出てきますが、その分古かったりするので、50%くらいが実用的だと思います。

また、『&pct-off=50-90』にすれば、50%割引から90%割引の商品を検索できますよ。

覚え方

これを知っていても、いざ使おうとすると忘れてしまうものですよね。
何度も検索して覚えてしまうのが一番ですが、私は以下のように思い出しています。

URLに付け加えるから → &
パーセントオフの略で → pct-off
割引率を示すから → =90-

ただ単に『&pct-off=90-』と覚えようとすると難しいですが、意味を考えながら入力すれば覚えやすいです。

Amazonには他にも便利な検索方法があります。

Amazonの便利な検索方法

除外検索

検索するときに『-』を付けると検索結果から除外できます。
これはURLではなく、検索窓に直接入力して調べられます。

例えば、パソコン本体を探しているとき。
『パソコン』で検索するとカバーも出てきました(左の商品)。
Amazon除外検索結果

そこで『パソコン -カバー』と検索すれば、カバーを除外して検索してくれます(-の前に半角スペースを入れて下さい)。
Amazon除外検索

今度は本が出てきたのでさらに『パソコン -カバー -本』で検索すると、カバーと本を除外して検索できます。
Amazon除外検索2

and検索(複数語検索)

逆にマイナスを付けずに検索すると、and検索になります。
これはお馴染みですね。
『パソコン カバー 本』で検索すると、パソコンだけでなくカバーや本も一緒に出てきます。

or検索

キーワードを『|(パイプライン)』で区切ると、どちらか片方を含む検索結果を表示できます。(シフトキーを押しながら¥を押すと|になると思います)
Amazonのオア検索
2つの商品を比較したいときに便利ですね。

まとめ

Amazonはとにかく商品数が多いので、便利な検索方法を知っていれば、目的の商品に辿り着きやすくなります。
ピンポイントで「これ」と決まっているなら商品名を入れればいいんですが、そうでない場合は、検索テクニックを駆使して探してみましょう。

Amazon(公式サイト)

Amazonと言えば、最近はプライム会員がお得と話題です。

Amazonプライム会員がしれっと充実!このメリットが月325円だと!?解約だけ注意
通販サイト大手のAmazonには、プライム会員という有料会員サービスがあります。 今までは「どうせ早く届くだけでしょ」という認識だった...

楽天ポイントをAmazonで使う方法もあります。

楽天スーパーポイントをAmazon(アマゾン)で使う方法
楽天市場や楽天カードなど、楽天関連サービスでは、楽天ポイントをもらえます。 楽天ポイントは貯まりやすいですが、使い道に困ることもありま...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)