【プリンターなし】Amazonで開封済みの洋服を返品してみた!方法・やり方を詳しく解説

限定の衝動買い防止
「通販は試着できない。だから洋服とかファッションアイテムは買えない」
今まではそう思ってました。

しかし、Amazonでこの認識が変わりました。

というのも、Amazon発送の洋服・ファッションアイテムの中には、返品無料のものもあるからです。
試着しても30日以内なら返品可能。
しかも返送料もかかりません(着払い)。

今回、Amazonで注文した商品を着てみて、サイズが合わなかったので返品してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

返品の流れ

まず、簡単に返品・返金までの流れを。

Amazonのアカウントの購入履歴から返品申請

必要な物を用意して梱包

Amazonに返送

後日、返金

これだけです。

この中で面倒そうなのは、必要な物の用意とAmazonへの返送作業だと思います。
これについて紹介していきます。

必要なもの

返品申請をすると、返品受付IDや返送先住所を印刷するんですが、実は印刷なしでも返品する方法があります。
家にプリンターがなくても返品可能です。

具体的には、以下のものが代わりのものになります。

  • 「sp」で始まる番号が付いているバーコード
  • 自分で書いた返品受付IDのメモ
  • 梱包に貼られている、バーコードやお問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベル(梱包から剥がして同梱)
  • 同梱されていた納品書(一部商品のみ)

この中のどれかを用意できればプリンターなしで返品できます。

spから始まる番号のシールは、箱に付いている場合もあれば、商品に付いている場合もあります。

梱包に貼られている場合 → 剥がさずその箱で返送するか、別の情報を用意
商品に貼られている場合 → 商品から剥がして同梱

私の場合、届いた箱にspシールが付いていたので、そのままその箱を利用しました。

Amazon返品-spバーコードシール

あとついでに、付いていた送り状ラベルを剥がして中に入れ、返品受付IDをメモした紙も入れておきました。

返品する商品をAmazonに配送

用意して梱包できたら、あとは商品を返送するだけ。
コンビニや郵便局に持っていく方法もありますが、私は日本郵便の集荷サービスを利用しました。

返品申請後の画面で、『着払いで申し込み』のリンクをクリックします。

Amazon返品受付センター

すると、日本郵便のゆうパックWEB受付サービスに飛び、ここから集荷日時を指定してAmazonに返送できます。
家まで集荷に来てくれるので非常に便利でした。

また、お届け先・ご依頼主の住所・名前等も記入してあり、自分で書く必要もありませんでした。
ただ、商品の品名欄だけ『洋服』と書きました。

集荷時間帯を指定する方法

最初、日本郵便の集荷サービスでは集荷時間の指定はできません。

しかし、ゆうびんIDに登録してログイン。
その状態でもう一度画面を開くと、集荷時間も指定できるようになります。

集荷希望時間-Amazon返品

返金について

集荷をしてもらってから5日後に、Amazonから返金確認のメールが届きました。
ちゃんと満額(買った金額)の返金です。
『7-21日程度(目安)で銀行口座に返金』と書かれていました。

この返金についてですが、買うときに楽天スーパーポイントをAmazonで使うEdy払いをしたので、銀行振込かAmazonギフト券での返金を選べました。
(商品を全額Amazonギフト券で支払っている場合は、Amazonギフト券のみのようです)

銀行振込だと現金で返金されますが、振込まで時間がかかります。
Amazonが返送品を受領後、1~2週間(出品者販売の商品の返金には2~3週間)程度 。
ちなみに振込手数料は無料でした。

Amazonギフト券での返金を選ぶと、Amazonが返送品を受領後、1~3日程度で反映されます。
次にAmazonで買いたいものがある場合は、Amazonギフト券のほうがいいかもしれませんね。

かかった費用

無料です。
これだけ楽に、しかもスピーディに返品できたのにまったくお金はかかりませんでした

強いて言えば、梱包するときのガムテープ代くらい。
本当にありがたいサービスです。

楽に返品するためのポイント

  • 届いた箱は綺麗に開ける
  • 袋や梱包材等は捨てない
  • タグも切らない
  • できるだけ届いた状態のままで返送する

箱や梱包材があれば、自分で用意する必要がないので楽です。
タグを切ってしまうと返金額が減額される可能性があるので気をつけましょう。

返品無料商品の見分け方

Amazonの返品無料の商品は、Amazon発送のファッション商品です。
商品ページの値段の横に『返品無料』と表示されています。

クリックすると
「この商品は返品無料です
試着後も商品到着後30日以内であれば商品代金(税込)および国内返送料を返金します。」
と表示されます。

この表示がある商品なら、紹介した方法で無料で返品可能です。

Amazon発送の商品は、絞り込み検索のところで『prime』をクリックしてチェックを入れると簡単に見つけられます。

Amazon発送のファッション

ただ、商品・サイズ・カラーによっては返品無料が表示されない商品もあるので注意して下さい。

関連 Amazon発送のファッション

まとめ

Amazonの返品は本当に楽でした。
箱にspシールがついていればそれをそのまま使うだけでいいので、特に用意するものもありません。
返送も日本郵便の集荷サービスなら家に来てくれるので、家にいながらすべての作業が完了します。

まさに、通販は試着できないという常識を覆すサービスです。

詳しい返品手順は以下で確認できます。

自宅で、自由にフィッティング – Amazon Fashion

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)