イオンゴールドカードの条件と特典まとめ!デメリットは?

イオンゴールドカードの条件と特典
イオンのクレジットカード『イオンカード』にはゴールドカードがあります。
ゴールドカードと言うだけあって、お得な特典・メリットを受けられます。

ただこのイオンゴールドカード、ちょっと変わり種なんです。
というのは、自分から申し込むことができません。
作るにはイオンからインビテーション(招待状)を受け取る必要があります。

ここでは、イオンゴールドカードにする条件やメリット・デメリットを紹介します。
(条件について:イオンでは公式発表していないため、ネットにある噂や体験談を参考にしています)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

条件

イオンゴールドカードの条件
まず、イオンゴールドカードの招待状を受け取るためには、イオンカードを作って使う必要があります。
イオンカードをよく使っていれば、イオンゴールドカードに進化するイメージです。

対象となるイオンカードは以下の3つ。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

イオンカードにはイオンJMBカードスポーツオーソリティカードなど、他社との提携カードもありますが、案内(インビテーション)が送られるのは提携カードではない3種類のカードのみです。

イオンの公式サイトでは「イオンゴールドカードは、一定の基準を満たしたお客さまに発行しております」とあるだけで、条件は明示されていません。
なので正確な条件はイオン関係者以外誰にもわからないんですが、これは合ってそうですね。
『提携カードではない純粋なイオンカードを使っていればゴールドになる』というのは自然な流れです。

イオンカード・イオンカード(WAON一体型)の条件

イオンカードやイオンカード(WAON一体型)で以下の条件を満たすと招待状が来るようです。

  • 年間のカード利用額が100万円以上
  • 年間のイオングループでの利用が60万円以上
  • 年間の利用件数120件以上 + 80万円以上のカード決済
  • 発行してから計500万円以上のカード決済

イオンカードセレクトの条件

イオンカードセレクトだと上の条件に追加して、さらに以下のイオン銀行の条件もプラスされるようです。

  • 定期預金残高500万円以上
  • 住宅ローンの利用
  • 投資信託残高がある
  • 個人年金保険の利用など

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードも兼ねているため、イオン銀行利用での招待もあるみたいですね。

イオンではイオンカードセレクトが最もお得です。
イオン銀行を利用してもいいなら、イオンカードセレクトでゴールドカードを目指すのが効率的です。

6倍!イオンカードセレクトは界王拳なみに金利が上がる超絶カード!オートチャージなどメリット・デメリットまとめ
イオンカードセレクトは、イオン系列のクレジットカードです。 私はイオンレイクタウンによく行くんですが、その際はイオンカードセレクトを持...

達成しやすい条件は?

人それぞれだと思いますが、個人的には『年間利用100万円』が達成しやすいと思います。
イオンでのお買い物だけでなく、公共料金の支払い等もカウントされるようなので、イオンカードに集約して払えば100万円達成は意外と簡単かもしれません。

「特に意識せずに使っていたらゴールドカードの案内が届いた」という方もいるようですから、日々の支払いをイオンカードにするだけでゴールドカードにできる可能性は高いです。

イオンゴールドカードの年会費

一度作ればずっとゴールドカード

また、一度イオンゴールドカード会員になれば、将来的にこれらの条件から外れてもゴールドカードを持ち続けられるようです。

例えば、年間100万円利用でゴールドカードになった人が翌年50万円でも、ゴールドカードから普通のイオンカードに格下げになることはないみたい。
一年間だけ頑張ればいいのは良心的ですね。

年会費

なんとこのイオンゴールドカード、年会費が永年無料なんです。
ゴールドカードなのに年会費無料はなかなかないですよね。
だからこそ、作るために条件が設定されているのでしょう。

ポイント還元率

200円につき1ポイントの0.5%。

普通のイオンカードと同じです。
しかし特典に関しては、通常のイオンカードに以下のものが追加されます。

(通常のイオンカードの特典はこちらの記事を参考にして下さい。)
参考 イオンカードのWAON一体型なら発行手数料も無料!メリット・デメリット徹底解説

メリット・特典

イオンラウンジを使える

イオンラウンジ-レイクタウン
イオンゴールドカードがあれば、イオンにある休憩所『イオンラウンジ』を利用できます。
普通のイオンカードではここには入れないので、ゴールドカード会員らしい特典ですね。

他にもイオンの株主優待『オーナーズカード』等でもラウンジを利用できます。

イオンラウンジ体験記!利用条件や使える時間、同伴者人数などを紹介
レイクタウンのイオンラウンジに行ってきました。 イオンラウンジは、イオンの株主やゴールドカード所有者が利用できる休憩スペースです。 ...

羽田空港のラウンジも

イオンゴールドカードなら羽田空港のエアポートラウンジも使えます。
飛行機移動は待ち時間も長くなりがちなので、嬉しい特典ですね。

旅行保険が無料付帯

イオンゴールドカードは、最高3,000万円までの旅行保険が無料付帯します。
国内旅行は利用付帯(宿泊代等をイオンゴールドカードで払う)、海外旅行は自動付帯です。

【海外旅行傷害保険】

傷害による死亡・後遺障害 3,000万円
傷害による治療費用 200万円
疾病による治療費用 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円(1事故につき免責金額3,000円)
救援者費用 100万円

疾病治療費用以外は、エポスカードJCB EITより充実してます。

【国内旅行傷害保険】

傷害による死亡・後遺障害 3,000万円
傷害による入院(最高180日分) 日額5,000円
傷害による通院(最高90日分) 日額3,000円

よく旅行をする方にもイオンゴールドカードはいいですね。
ちなみに普通のイオンカードでは、イオンSuicaカードに旅行保険が付帯しています。

イオンSuicaカードはオートチャージできてポイントも貯まる!モバイルSuica無料など特典充実!
イオン系のクレジットカードに、イオンSuicaカードがあります。 イオンカードとしてもSuicaとしても使える、1枚2役のカードです。...

ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードならショッピング保険もあります。
カードで買った商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故で壊れた場合、買った日から180日以内、年間300万円まで補償されます。

一部対象外商品あり(宝石類や自動車、バイクなど)。
また、紛失事故やレシートがない場合など、補償されないこともあります。

デメリット

ラウンジと保険以外には、普通のイオンカードと特典が変わらないことはデメリットですね。
ポイント還元率も0.5%で同じですし、20日・30日の5%割引デーも割引率が上がったりしません。
ゴールドカードにしては特典内容が薄めの印象です。

ただ、何といっても年会費無料なので、これはある程度仕方ないですね。
また逆に考えると、「普通のイオンカードでもゴールドカード並みに還元している」とも言えるかもしれません。

まとめ

イオンゴールドカードは、手に入れるのがちょっと大変ですが、一度ゲットすればずっと年会費無料で持てます。
イオンによく行くならラウンジは便利ですし、保険があるのもポイント高いです。
また、羽田空港のラウンジも年会費無料で利用できるので、それ狙いで作ってみるのもいいかもしれませんね。

ゴールドカードの対象となるカードは、以下から申し込み可能です。

イオンカード新規ご入会・ご利用キャンペーン(公式サイトへ)

ちなみに、エポスカードも招待なら年会費無料でゴールドカードを持つことができます。

エポスゴールドカードは年会費無料でラウンジも使える夢のカード!メリット・デメリットを詳細解説
「カードで。」そう言って、おもむろにゴールドカードを取り出す。 カッコイイですね。しかし、誰もができることではありません。ほとんどのゴ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)