100倍!イオンカードセレクトは界王拳なみに金利が上がる超絶カード!オートチャージなどメリット・デメリットまとめ


イオンカードセレクトは、イオン系列のクレジットカード。
イオンカードはいくつか種類がありますが、その中で最も節約効果の高いカードです。

「近くにイオンないから関係ないかな。」
実はイオンカードセレクトは、そんな方にもお得なカードなんです。
イオンカードセレクトはイオンで節約できるカードですが、イオンでのお買い物以外にもお得な特典があります。

ここでは、イオンカードセレクトの年会費、ポイント還元率、メリット・デメリットをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年会費

イオンカードセレクトは、クレジットカード、イオン銀行のキャッシュカード、WAONが1枚になったカードです。1枚3役なので便利。

年会費・入会金ともに無料です。
なので、作ってから一度も使わなくても、損することはありません。
WAONカードは発行手数料が300円かかるため、「WAON欲しいけど300円もったいないな~」という人にもいいかも。
また、カード盗難保障も無料でついてます。

ポイント還元率

クレジットカードとして使うとときめきポイントが貯まり、WAONとして使うとWAONポイントが貯まります。
ポイント還元率は、200円につき1ポイントの0.5%
ときめきポイント、WAONポイントともに0.5%です。

ときめきポイント
ときめきポイントは、1,000ポイントからWAONポイントと等価交換可能です。
他にもギフト券や商品とも交換できます。
有効期限は最長2年間です。
ときめきポイントの有効期限

イオンカードセレクトのメリット・特典

イオンカードセレクトは、イオンで最もお得なカードです。
そのため割引や特典が豊富です。

  • 毎月20・30日のお客様感謝デーは買い物代金5%オフ
  • イオン関連店舗ではときめきポイント2倍
  • 55歳以上の会員は、毎月15日『G.G感謝デー』にお買い物5%オフ
  • WAONのオートチャージ利用で、200円ごとに1WAONポイントもらえる
  • 公共料金の支払いに使うと、1件につき毎月5WAONポイントもらえる
  • イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONポイント
  • イオン銀行を給与振込口座に指定し、他行宛の振込を利用すると216WAONポイント
  • 住宅ローン利用など、条件を満たすとゴールドカードを発行
  • ツヴァイ(結婚情報サービス)で入会金常時5%オフ
  • 毎月10日はときめきWポイントデー。カード支払いでときめきポイント2倍
  • イオンシネマでクレジット払いで300円引き
  • イオン銀行での普通金利が0.001%から0.1%

イオンでの特典は、イオンカードセレクトでほぼ全て受けられます。
目を見張るメリットをピックアップして紹介します。

20・30日の5%オフ

イオン5のつく日割引き
毎月20日と30日は、イオンでのお買い物が5%オフになります。
5%オフは地味に大きいです。
月に5万使うとすると月2,500円の節約、1年だと12×2,500で30,000円も節約になります。毎回20・30日に買い物に行くのは難しいかもしれませんが、半分でも15,000円です。
ちょっと意識するだけでけっこうな節約になりますね。

対象店舗でいつでもポイント2倍!

イオン、ダイエー、ミニストップ、マックスバリュなどのイオン関連店では、クレジット払いでもらえる『ときめきポイント』がいつでも2倍に(200円で2ポイント)。
対象店舗でのお買い物をよくする方はポイントが貯まりやすいです。

映画割引

イオンシネマは料金1,800円(または1,700円)ですが、イオンカードセレクトのクレジット払いで、同伴者1名まで300円引きになります。

イオンカードセレクト映画割引

つまり、1枚で2人300円引き(計600円)にすることができます。
私はだいたい年に4回ほど友人と映画に行くので、友人の分も合わせると2,400円(600×4)の節約になってます。

さらに、毎月20日・30日のお客さま感謝デーにイオンシネマのチケット売り場でカードを提示すると、1,100円になります。

イオンカードセレクト感謝デー

700円も安くなります。年4回見るなら2,800円も節約できますね。
これはカード会員のみで、同伴者は安くならないので注意して下さい。

私もレイクタウンで何度か利用したことがあります。
20・30日は5%オフなので、行った日は買い物もして帰ります。
『映画を安く見て買い物も割引』というのはいい流れですよね。

参考 イオンカード特典|イベント&サービス案内|イオンシネマ

ショッピング保険が手厚い!

ショッピング保険も付帯しています。
ショッピングセーフティ保険という名前です。

年会費無料にもかかわらず、『補償期間が180日』『自己負担額0円』『補償限度額50万円』という手厚い内容です。

高価な物を購入する際は、イオンカードセレクトで買っておくといざという時に役立ちます。

参考 イオンカードのショッピング保険が充実し過ぎ!スマホは対象?補償対象外品は?

イオンカードセレクトのみの特典

WAONポイント2重取り

イオン銀行からWAONへオートチャージすると、200円につき1ポイント(0.5%)のWAONポイントがもらえます。
お買い物でも0.5%なので、合わせて1%の還元率になります。

5のつく日のオートチャージボーナス

さらに、このオートチャージにはボーナスがあります。

半年間で使った金額が10万円以上なら、5のつく日のオートチャージが1.5倍、30万以上なら2倍、50万円以上なら3倍に!
つまり、0.75%、1%、1.5%になるんです。
これに支払いの0.5%を合わせると、1.25%、1.5%、2%の還元率になります。

もはや年会費無料とは思えないほどのお得さです。
5のつく日はポイント2倍なので、利用しやすいですね。

結局いつが得なの?WAON(ワオン)・ときめきポイントのボーナスポイントをもらえる日、方法11個総まとめ
電子マネーのWAON(ワオン)、WAON一体型のイオン系クレジットカードでは、WAONポイントが貯まります。 200円の支払いごとに1...

イオンでよく買い物をする方は、確実に節約になるでしょう。

普通預金金利が年0.1%に!

イオンカードセレクトがあれば、イオン銀行の普通預金金利が100倍になります。

【通常】年0.001%
【イオンカードセレクト所有】年0.1%(税引後年0.079%)

普通預金なのに、ゼロの次に1が出てきたのを見たときは、ちょっとビックリしました。
100万円預けているとすると、年10円しかもらえないものが1,000円になります(税引後は790円)。
普通預金でこれだけもらえるのは超お得ですね。
イオン銀行をメインバンクにしてもいいレベルです。

デメリット

ポイント還元率が低いことですね。
イオン関連店舗では1%ですが、それ以外のお店では0.5%なのでお得とは言えません。

しかし、これはオートチャージを利用しない場合です。
ボーナスがなくても、オートチャージをすれば1%なので、決して低くありません。

また、イオンでは定期的に『ポイント5倍!10倍!!』といった大盤振る舞いのキャンペーンをやってるので、そのときはめちゃくちゃお得です。
なので、そういうキャンペーン以外は還元率1%以上のクレジットカードを使い、
キャンペーン時にはイオンカードセレクトを使うのもいいと思います。

WAONときめきポイント10倍
(↑過去のキャンペーンです)

ちなみに、1%以上のカードではリクルートカードがあります。年会費無料で還元率1.2%です。

リクルートカードなら3%超の還元率も!超絶お得なリクルートカードとプラスのメリット・デメリット
リクルートカードは、年会費無料の高還元率なクレジットカードです。 nanacoチャージでもポイントが貯まるので、税金・公共料金のn...

イオンカードセレクトも年会費無料で、まったく使わなくても出費はありませんから、デメリットと言うほどではないかもしれませんね。

審査対象・申込資格

18歳以上で電話連絡可能な方なら、誰でも申し込むことができます。
未成年の方は親権者の同意が必要です。ただし、高校生は不可です。

ネットのみで申し込み完結

前まではイオンカードセレクトの申し込みには、書類を郵送する必要がありましたが、インターネット手続きのみで完結するようになりました。
申し込みフォームに必要事項を記入し、カードを受け取る際、配達員に運転免許証を見せれば入会完了です。

入会キャンペーン

イオンカードセレクトでは現在、期間限定のキャンペーンを実施中!
2017年11月30日(木)まで、最大6,000円相当のポイント(ときめきポイント)をもらえます。

【期間】2017年9月11日(月)~2017年11月30日(木)
【新規入会:1,000ポイント】
期間中にイオンカードセレクト(ディズニーデザインも対象)を新規で発行 → ときめきポイント1,000ポイント(1,000円相当)をプレゼント
※2017年12月31日時点で、カード発行が確認できる方が対象
【カード利用:2,000 or 5,000ポイント】
発行したカードで、2018年1月10日までに
合計20,000円以上使う → 2,000ポイントプレゼント
合計50,000円以上使う → 5,000ポイントプレゼント

お得度の高いキャンペーンですね。
ただし、このキャンペーンが適用されるのはネット申し込み限定です。

▼ ネット申し込み・キャンペーン詳細は以下から確認できます

まとめ

年会費無料とは思えないほど、特典盛りだくさんのイオンカードセレクト
イオンをよく利用する方には必須と言っても過言ではないと思います。
また、「イオンは映画しか使わない」「預金金利を上げたい」という方も、節約できる可能性が高いです。
イオンでの特典や映画割引も考慮すると、このカードがあれば年3,000円くらいは節約できそうですね。

詳細・お申し込み矢印

イオンカードセレクト(公式サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)